宮崎県の自然を畜産に活かす

日髙畜産では、宮崎県の自然を畜産に生かし、美味しい食材を提供するために、当農場は日々努力を重ねています。私たちはこの美しい土地で畜産を営み、自然の恵みを最大限に活かしています。当農場は、宮崎県の恵まれた環境を活かし、健康で幸せな家畜を育てています。牛たちには、ストレスのない快適な生活、健康的な食事を提供することで、美味しい肉や乳製品の原動力となっています。

空1

繁殖事業

畜産業において新しい子牛を生み出し、肉や乳製品の供給を維持または増加させることを主な目的として、繁殖事業を行っております。「生殖・培育」「離乳」「母性ケア」を実施することで、幼い頃から各個体の栄養状態を厳密に管理しています。生殖牛は、実績のある牛を選定し、高品質で適切な牛同士の出産を実現することが重要です。

牛1

肥育事業

牛は快適で清潔な環境で飼育される必要があります。適切な栄養、水、および健康管理が行われ、牛の栄養も成長段階や目的に応じて調整します。飼料には草、牧草、穀物、飼料などが含まれており、高品質の飼料の使用を徹底しています。また、牛の健康を守るため、予防接種、疾患の早期発見、適切な飼育環境によるストレスの軽減などが健康維持にも気をつけています。

牛4

堆肥製造事業

牛の堆肥は農地、庭園、野菜畑、果樹園、花壇などで土壌改良材料として使用されます。堆肥を土壌に混ぜ込むことで、土壌の保水性、通気性、栄養供給能力が向上し、作物の収量と品質が向上します。日髙畜産では、独自に所有するからいも農園にて牛たちの大切な資源を堆肥として活用することで、化学肥料の使用を減少させ、土壌と水資源の保護にも寄与しています。

緑

畑作事業(甘藷)

加工用の甘藷(主にいもけんぴ)を生産、出荷しています。